上映情報
麻てらす番外編やまさん余命半年の挑戦
麻マーク

イントロダクション

麻マーク

人間が人間らしく「生きる権利」なのか?
それとも植物を取り締る「国家が作った法律」なのか?

元フランス料理のシェフ・山本正光は、“がん” という病気と戦うために「大麻」を選択する。
それは、可能と思われる全ての治療を試みた末の結論だった。 法律違反とは分かっていても彼は生きたかった。そして自身の体を使って大麻とは何なのかを検証したかった。
日本で大麻というと、麻薬として忌避されているが、世界では、大麻の有用性が注目され、その利用が広がっている。
死の淵を日々覗き続ける山本正光=やまさんは言う。

「良い悪いって言う前にもっと研究すればいいと思うの。そして良い所があるんだったら、それを活かそうよって!」

この映画にナレーションは無い。
やまさんを基軸に、ドクター、弁護士、支援者たちの語りで 綴るヒューマンドキュメンタリー。

これは大麻の映画であるとともに
    生きることを問う衝撃作である。

山本正光病院にて 山本正光 麻と手
これは大麻の映画であるとともに生きることを問う衝撃作である。
麻マーク

ストーリー

麻マーク

他に助かる道があるなら教えてくれ!

医師は言った。
「相当悪い、これはちょっと難しいかな、、、。」
肝臓がんで余命半年を宣告された山本正光(やまさん)は、元々フランス料理のシェフだったが、療養のために総料理長を退任、年金と手当金だけで暮らしていた。奥さんとも数年前に離婚。

山本正光 海にて
山本正光 ビールが飲める!

これまでにインターフェロン、肝動脈化学塞栓療法、ラジオ波焼灼、抗がん剤など、可能な限りの治療を試みても改善のなかった彼だが、今は普通に歩けるし、ビールも美味しく飲める、、、。
なぜなのか?! そのきっかけは大麻だった。
腫瘍マーカーの上昇がなぜ止まったのか?
大麻と身体の関係性は?

彼は自分の身体を使って大麻の治験をして欲しいと訴えるが、聞く機関も製薬会社もない。
そこで、彼は最後の賭けともいえる旅に出る。
鳥取県智頭町にある畑で医療用大麻を作って貰い、大学病院で治験を受け、ジビエ料理で生計を立てる夢を実現するために。しかし、時代はまだ早かった。
旅から帰ってきた彼の前には法律の壁が立ち塞がり、
そして、、、

〈作品時間〉66分

山本正光智頭駅にて 山本正光 搬送
te
山本正光 海ビール智頭駅搬送
麻マーク

ディレクターズ ノート

麻マーク

「監督! 俺が死んだらいつか映画作ってくれよな!!」

ドキュメンタリー映画「麻てらす」の監督:吉岡敏朗は、やまさんが逮捕される1年前から撮影を続け、旅を共にし、 乾杯し、笑い、病院に通い、最期を見届けた。
大麻の可能性とは?!大麻は本当に悪者なのか!? 大麻の今後とは!?
やまさんの命をかけた行動と声がその答えを導き出してくれる。

「監督! 俺が死んだらいつか映画作ってくれよな!!」

その言葉がこの映画を作らせた。

ジャパンタイムズ2016年6月27日
山本正光さんと吉岡監督 山本正光さんと猫
麻マーク

キャスト

麻マーク

山本 正光(1958年生まれ)

経 歴

両親は東京恵比寿で洋食屋をしていたが、父親が病気で倒れたのをきっかけに店を手伝う形で料理人の道を歩み始める。


レストラン ドルフィン(横浜)、フランス料理 オートルモンド(横浜) 料理長、フランス料理 レガル(辻堂)オーナーシェフ、フランス料理 ブラッセリー ティーズミュゼ(横浜)総料理長。

山本正光 シェフ時代

病 歴

20歳
交通事故に伴う大量輸血が原因でC型肝炎に感染する。
40歳
慢性C型肝炎に対しインターフェロン治療を行なうも副作用で中止となる。
52歳
肝細胞がんと診断され手術、肝動脈化学塞栓療法、ラジオ波焼灼、抗がん剤などの標準治療を開始する。
56歳
肺とリンパ節への転移が発見される。再び肝動脈化学塞栓療法、抗がん剤治療を行なうも病勢のコントロールがつかず、腫瘍マーカー(AFP及びPIVKA等)は上昇を続ける。
末期がんとして主治医から余命6ヶ月~1年の宣告を受ける。
57歳
がん治療目的で大麻を栽培、使用(喫煙)を開始する。
また、市販のCBDオイルの摂取を開始する。
腫瘍マーカー(AFP及びPIVKA等)の数値が著しく改善する。
大麻取締法違反で逮捕勾留される。
58歳
保釈後に再入院。入退院を繰り返す中、裁判が始まる。
結審の8日前に肝細胞がんにより死去。
裁判は公訴棄却となる。
山本正光さんシェフ時代 山本正光さんシェフ時代 山本正光さん

医学博士
正高 佑志

医学的には麻薬と大麻は別物です。大麻に含まれるカンナビノイドには様々な作用が期待されます。また大麻を違法薬物の入口と呼ぶ「ゲートウェイ仮説」に明確な科学的根拠はありません。

医学博士 正高佑志

銀座東京クリニック 院長
福田 一典

モルヒネと違い大麻は末期がん患者の緩和ケアにとても有効です。それが日本では利用できないのです。彼の腫瘍マーカーが格段に下がったことと大麻の因果関係は認めざるを得ないでしょう。

銀座東京クリニック院長 福田一典

弁護士
亀石 倫子

自分の生命を維持するために大麻を使うことに対し刑罰を持って禁止するということは、憲法が保障する生存権や幸福追求権を侵害することだと思います。

弁護士 亀石倫子

被告人支援者(作家)
長吉 秀夫

これまでの大麻関連裁判では却下されてきた弁護側の提出資料が今回はその多くが証拠として採用されました。一方、検察の方は、医療用大麻を否定する資料を何ひとつ証拠として出せなかったんです。

被告人支援者(作家) 長吉 秀夫
麻マーク

スタッフ

麻マーク

監督:
吉岡 敏朗(Toshiro Yoshioka)

1956 年 松江生まれ。大学で映画の監督法を学び卒業後様々なジャンルの映画・映像制作を行い、作品本数は300を超える。高校の頃よりヨガを実践、また福岡正信との出会いを契機に自然農法の援農も行うなど映画作法の原点には自然の哲理が息づく。受賞歴多数。

主要作品

「つ・む・ぐ ~織人は風の道をゆく~」

インドネシア国際スピリチュアル映画祭 受賞

リッチモンド国際映画祭 受賞


「麻てらす ~よりひめ 岩戸開き物語~」

ロンドン インディペンデント映画賞 受賞

パームスプリングス・カンナビス映画祭&サミット 入選

カナダ国際映画祭 受賞

吉岡 敏朗 麻と太陽

音 楽:ウォン ウィンツァン/吉野 大地/水野 俊介

麻マーク

自主上映のご案内

麻マーク

映画「麻てらす」番外編 は、どなたでもご上映いただけます。

お申し込み方法

下記の内容をご記入ください。

お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
郵便番号
ご住所(DVD送り先)
上映(予定)日必須
ご要望・ご質問

プライバシーポリシー

株式会社アップル オブ アイズ(以下、当社)は、個人情報の保護が重要な社会的責任であると認識し、業務上取得するすべての個人情報(以下、「個人情報」という。)について、下記のとおり個人情報を適切に取り扱います。

● 個人情報の取得・利用について
当社は、個人情報の取得に際しては、利用目的をお知らせし、必要な範囲以内で個人情報を取得いたします。 また、個人情報を利用する場合には、利用目的の範囲を超えた個人情報の取扱は行いません。

● 個人情報の第三者提供について
当社は、法令および関係規範に定めのある場合を除き、ご本人の同意を得ることなく第三者へ個人情報を提供いたしません。

● 個人情報の安全管理について
当社は、業務面の観点からセキュリティ対策の改善を進め、お預かりする個人情報を、漏えい、滅失又はき損を防止するための措置を講じます。

● 個人情報の委託について
当社は、より良いサービスの提供のため、利用目的の範囲内において個人情報の取扱いを、外部委託先に業務委託する場合があります。業務委託にあたりましては、委託先において適切な個人情報管理が実施されるよう努めます。

● 個人情報の開示・訂正等について
当社は、ご本人から請求があった場合、利用目的の通知、内容の開示・訂正、利用停止等適切な措置を講じます。(法令により適用が除外されている場合を除く)

● お問い合せ
当社の個人情報取り扱いに関するお問い合せは下記までご連絡をお願いいたします。
株式会社アップル オブ アイズ
お問い合わせはこちらからお願いします。

自主上映の流れ

  • お申し込み
  • 基本料金のお振り込み
  • DVD発送
  • ご上映
  • DVDご返送
  • 鑑賞料金(人数分)のお振り込み

上映用DVD貸出料金(税込)

基本料金

鑑賞者人数
50名以下 2万8千円
51〜100名 4万4千円
101〜300名 7万円
301名以上 13万円
+

鑑賞料金(人数分)

300円×鑑賞者人数

例)30名でご観賞の場合
28,000円(基本料金)+300(円)x30(名)
合計:37,000円

監督舞台挨拶をご希望の場合は、次作への協賛金(金額フリー+交通費・宿泊費)をお願い申し上げます。
詳しくはお問い合わせ下さい。

お振り込み先

ゆうちょ銀行間でのお振り込みの場合

【記号】10140
【番号】59806611
【口座名義】アサテラスカイ

ゆうちょ銀行以外からのお振り込みの場合

ゆうちょ銀行【店名】018(ゼロイチハチ)
【店番】018
【預金種目】普通預金
【口座番号】5980661
【口座名義】アサテラスカイ